出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

電車内の痴漢被害、声上げず訴え 京都府警が防犯グッズ

痴漢対策用に作られたブックカバー型のグッズ。「声を上げにくい状況を想定して「助けて!」のメッセージが周囲の人の目に入るようになっている
痴漢対策用に作られたブックカバー型のグッズ。「声を上げにくい状況を想定して「助けて!」のメッセージが周囲の人の目に入るようになっている

 電車内での痴漢撃退に役立ててもらおうと、京都府警鉄道警察隊が、ブックカバー型の防犯グッズを作成した。「助けて」と記載されたメッセージを示すことで、声を上げなくても、周囲の乗客に被害を訴え出られる。痴漢犯罪撲滅推進強化活動期間(31日まで)に合わせ、JR京都駅(京都市下京区)や阪急桂駅(西京区)などで配布している。

 ブックカバーは参考書などに用いやすいA5判サイズ。折り込み部分に痴漢被害に遭った際の対処法を記載し、加害者の顔をにらむ▽「やめて」と言う▽周囲に知らせる▽その場から逃げる▽泣き寝入りしない-の5項目を紹介する。また、声を上げにくい状況を想定して「痴漢に遭っています。助けて!!」とのメッセージを表記している。

 同隊は、ブックカバーのほか、防犯用の音声データも作成。スマートフォンで再生すると「助けて」の音声やサイレン音が流れる仕組みで、府警の公式フェイスブックで公開している。

 電車内などでの性犯罪被害は後を絶たず、同隊は昨年、府迷惑行為防止条例違反(痴漢)などの疑いで86人を検挙した。藤田勉副隊長は「ブックカバーは被害防止に向けた自信作。少しでも多くの人に活用してほしい」と話している。

【 2018年05月17日 08時21分 】

ニュース写真

  • 痴漢対策用に作られたブックカバー型のグッズ。「声を上げにくい状況を想定して「助けて!」のメッセージが周囲の人の目に入るようになっている
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      女性医師の大城さん登頂に成功
      世界最高峰エベレスト

      20180521000196

       山岳医療救助機構は21日、女性医師の大城和恵さん(50)が17日に世界最高峰のエベレス..... [ 記事へ ]

      経済

      EUデータ規制、25日施行
      個人情報保護、巨額制裁も

      20180522000004

       【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は、企業がインターネットなどを通じて集めた個人情報..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      生活に息づく美術・工芸議論 京都でフォーラム

      20180521000210

       次世代へ伝える文化を考える京都新聞のキャンペーン「日本人の忘れもの」知恵会議フォーラム..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      45億年前、太陽系外から移住?
      2015年発見の小惑星

      20180521000199

       【ワシントン共同】2015年に発見された木星に近い軌道上にある小惑星は、太陽系が誕生し..... [ 記事へ ]

      国際

      G20外相会合、本格討議
      日韓、北朝鮮非核化訴え

      20180522000003

       【ブエノスアイレス共同】アルゼンチンのブエノスアイレスで始まった20カ国・地域(G20..... [ 記事へ ]