出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

原作者の唐々煙は大津・唐崎出身 映画「曇天に笑う」

大津を舞台にした原作のコミック本「曇天に笑う」
大津を舞台にした原作のコミック本「曇天に笑う」

 映画「曇天に笑う」原作者の唐々煙(からからけむり)は、大津市の唐崎出身で、唐崎の「唐」をペンネームに入れている。唐崎小の頃から漫画を描き始め、2005年にプロデビューした。

 代表作の「曇天に笑う」は、大津を舞台に「逆境の中でも笑っていられる人の強さ、一生懸命に生きる人たちを描きたいと思った」。主人公の天火と同様、自らも3人きょうだいの一番上で「天火は一番描きやすかった」という。

 曇神社は、映画では日吉東照宮で撮られたが、漫画では「自分の幼い頃からの遊び場だった」という琵琶湖岸の唐崎神社をモチーフにした。「滋賀県人として、琵琶湖はあることが当たり前。今は大阪に住んでいるので、逆に故郷愛が強くなりました」

 映画は時間などの制約上、漫画と物語が変わった部分もあるが、「3兄弟がちゃんと映画の中で生きていたのでうれしかった」。

 今は、「曇天に笑う」から300年前の戦国時代の近江を舞台にした漫画「煉獄(れんごく)に笑う」を描く。「漫画も映画も地元の人に見てもらいたいけど、家族に見られるような感覚で、すごく照れます」とはにかんだ。

【 2018年02月13日 17時40分 】

ニュース写真

  • 大津を舞台にした原作のコミック本「曇天に笑う」
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      緊急性ない「相談」208万件
      警察庁まとめ、過去最多

      20180528000023

       全国の警察が2017年、110番通報とは別で、緊急対応を必要としない「相談」として取り..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      横綱鶴竜関「大きい目標だった」
      2連覇、風邪も明かす

      20180528000061

       大相撲夏場所で自身初の2場所連続制覇を果たし、5度目の優勝を飾った横綱鶴竜関(32)が..... [ 記事へ ]

      経済

      日中韓、次世代通信実用化で協力
      野田氏、担当相と会談

      20180527000109

       野田聖子総務相は27日、日本、中国、韓国3カ国の情報通信相会合に先立ち、東京都内で中国..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      先端教育や朝鮮語習得に力 京都朝鮮初級学校、移転から5年

      20180526000088

       在日朝鮮人の児童らが通う「京都朝鮮初級学校」が京都市伏見区の現在地に移転し、新校舎が完..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      環境省、海の生態系保護区を拡大
      国際目標達成へ

      20180528000038

       海の生物や生態系の保全を強化するため、環境省は海洋保護区を拡大する方針を決めた。28日..... [ 記事へ ]

      国際

      トルコの民主主義「崩壊」
      大統領選の最大野党候補

      20180528000046

       【イスタンブール共同】6月24日のトルコ大統領選に出馬した最大野党、共和人民党(CHP..... [ 記事へ ]