出版案内
福祉事業団
京都新聞AR
ウエルス・マネジメントが老舗旅館跡地で計画するホテルの建設現場。東南アジアの富裕層が投資しているという(京都市東山区)
ウエルス・マネジメントが老舗旅館跡地で..[記事へ]

京都にホテル続々 中国や台湾から投資マネー、生活翻弄も

  • 地元への漁業権優先割り当て見直しで法改正
     政府が検討している水産改革関連法案の概要が23日、分かった。養殖業などの振興に向けて企業参入を促すため、漁協や地元漁業者に漁業権を優先的に割り当てる漁業法の規定を廃止することなどを盛り込んだ。 (19:40)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      社説2018年10月23日掲載

      米国のトランプ大統領が、米国と旧ソ連が締結した中距離核戦力(INF)廃棄条約から離脱する方針を明らかにした。昨年末にひそかに実施していた臨界前核実験に続く暴挙である。冷戦の終結後、なんとか保たれてきた核軍縮の機運を決定的に損なうことになりかねない。日本政府は国際社会と連携し、これ以上核開発に前のめりにならぬよう、米国に対し強く働きかける必要がある。INF廃棄条約は、米国と旧ソ連が地上配備していた.. 続きを見る

      凡語2018年10月23日掲載

      のちにノーベル化学賞を受賞する下村脩さんは米国で研究していた40代のころ、夏になると海岸に出掛けてクラゲの採集に明け暮れた。「どんな風に調理するの?」と聞かれたこともあった▼受賞につながったクラゲの発光タンパク質を抽出するためだが、研究にはまとまった量が必要だ。特製の網を手に早朝から夜遅くまで採集、抽出にいそしんだ。19年間で85万匹、その半分以上は家族4人の手によるものだと自伝に記している▼下村.. 続きを見る